12月12日 豊島区と東京第一友の会、婦人之友社、自由学園明日館の三団体は、「FFパートナーシップ協定」に調印しました。

豊島区は「わたしらしく、暮らせるまち。」を推進するために「FFパートナーシッププロジェクト」を立ち上げました。 FFとは、Female/Family Friendlyの略で、女性・ファミリーに優しい、の意味です。

FFパートナーシップ協定とは、豊島区と、豊島区にある企業や団体が、地域の発展と活性化を目指し、それぞれの強みを活かしたノウハウや、持てる力を活用し連携・協働していくというものです。

その趣旨に賛同して、東京第一友の会、婦人之友社、自由学園明日館の三団体は、12月12日、豊島区と「FFパートナーシップ協定」の調印を行いました。

12月12日、「FFパートナーシップ協定」の調印を行いました。

東京第一友の会は、婦人之友社、自由学園明日館と共に、豊島区と以下の事項について連携・協働します。
(1)子育てや次世代育成に関すること
(2)働く世代の多様なライフスタイルやワークスタイルに関すること
(3)健康増進や食育の推進に関すること
(4)文化・芸術振興に関すること
(5)ダイバーシティ(多様性社会)の実現に関すること
(6)(1)から(5)に関する情報発信の連携に関すること
(7)(1)から(6)のほか、子育て世代や働く世代の支援に関すること

参考:豊島区FFパートナーシップ(豊島区のホームページにリンクしています)